源ノ角ゴシック

更新日:2019年2月1日10:58

概要 オープンソースライセンスのゴシックフォント
UI その他
開発者 Adobe, Google
公式URL https://github.com/adobe-fonts/source-han-sans
ライセンス その他
ライセンス(その他) SIL Open Font License 1.1
カテゴリー 文書作成
サブカテゴリー フォント

概要

「源の角ゴシック」はGoogleとAdobeが共同で開発したオープンソースのゴシックフォントの和名。英語名は「Source Han Sans」。日本語、韓国語、中国語の簡体字、繁体字に対応したゴシックフォント。

公開当初はApacheライセンスで公開されたが、Ver.1.002からはSIL Open Font License 1.1ライセンスで公開されており、このライセンスの範囲内で自由に使用することが出来る。

Googleからは「Noto Sans CJK」の名称でNotoフォントファミリーとしてリリースされている。フォントウェイトが源ノ角ゴシックとは一部異なる。

フォントウェイト

以下、7種のウェイトがある。

  • ExtraLight
  • Light
  • Normal
  • Regular
  • Medium
  • Bold
  • Heavy

インストール

snaps

snapcraftにはパッケージなし。

flatpak

flathubにパッケージなし。

ディストリビューションのリポジトリ

Arch Linux $ sudo pacman -S adobe-source-han-sans-jp-fonts

その他ディストロについては未検証です。加筆修正お願いします。

その他
githubよりzipファイルをダウンロード可能。

一般的には/usr/share/fonts/ディレクトリ以下に配置するか~/.local/share/fonts/ディレクトリ以下に配置することで使用できる。

リポジトリ

編集履歴
レビュー
源ノ角ゴシックにはレビューがありません。下のボタンを押して投稿しましょう!
レビューを投稿する