Oracle VM VirtualBox

更新日:2019年1月7日17:42

概要 仮想化ソフトウェア
UI GUI
開発者 Oracle
公式URL https://www.virtualbox.org/
ライセンス GPLv2
ライセンス(その他) Ver3まではプロプライエタリ版とOSS版あり
カテゴリー システム
サブカテゴリー 仮想化

x86仮想化ソフトウェア

VirtualBoxはホストOS上に別のOS(ゲストOS)を可動させることが出来るようにするための仮想化ソフトウェアである。例えばLinuxを使いながらVirtualBox内でMicrosft Windowsを動作させるということが可能となる。

ホストOSとゲストOSがデータの連携などを出来たほうが利便性が高いために、ホストOSとゲストOSの共有フォルダ等の連携機能が設けられている。

主な機能

  • 共有フォルダ:ホスト・ゲスト間での共有フォルダ
  • シームレスモード:ゲストOSのアプリをホストOSに表示する
  • クリップボード:ホスト・ゲスト間でのテキストのコピー&ペーストを可能にする
  • スナップショット:ゲストOSの状態をイメージとして保存する
  • リモートデスクトップ:ゲストOSの画面をリモート操作可能にする

詳細はokular.kde.orgを参照

起動

各デスクトップ環境のメニューより起動

インストール

snaps, flatpak

パッケージなし

ディストリビューションのリポジトリ

Arch Linux
AURにパッケージありpackerでインストールする場合は以下コマンド実行 $ sudo pacman -S virtualbox

Ubuntu $ sudo apt install virtualbox

Debian
Debian 9(strech)でVirtualBoxをインストールするためにはstrech-backportsリポジトリを追加の上、以下コマンドを実行する。 $ sudo apt install virtualbox

参考

ソースコード

virtualbox.org

編集履歴
レビュー
Oracle VM VirtualBoxにはレビューがありません。下のボタンを押して投稿しましょう!
レビューを投稿する